2010年11月23日

霧積温泉きりづみ館

霧積(きりづみ)温泉は、横川から霧積川を遡り、最上流部の渓谷にあります。明治時代には、避暑地として作家や政治家が別荘を造って大変ににぎわったところですが、大きな山崩れがあって衰退しました。現在はきりずみ館と金湯館の2軒だけになっています。

今回は、きりづみ館。

09kiri-1.JPG

今でも水車が回っています。

09kiri-2.JPG

09kiri-3.JPG

09kiri-4.JPG

これは、映画人間の証明で有名になった詩ですね。
「母さん僕のあの帽子どうしたでしょうね。ええ夏碓氷から霧積へ行くみちで渓谷へ落したあの麦藁帽子ですよ」
西条八十作『帽子』の一節です。



09kiri-5.JPG

お風呂は、2種類あって男女入れ替え製です。
こちらは丸風呂。

09kiri-6.JPG

そして、有名な六角風呂。

09kiri-7.JPG

群馬県碓氷郡松井田町坂本
TEL:027-395-3856
FAX:027-395-3821
600円

09kiri-8.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






【関連する記事】
posted by k at 08:13| 横川・妙義山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。