2010年11月23日

磯部温泉

磯部温泉は地図の温泉記号の発祥地として知られています。
これが温泉記号の元祖。

09ashi-03.JPG

 万治4年(1661)、付近の農民の土地争いに決着を付けるため評決文「上野国碓氷郡上磯部村と中野谷村就野論裁断之覚」が、江戸幕府から出されました。その添付図には磯部温泉を記した温泉マークが2つ描かれていたのです。専門家が調査した結果、この温泉マークは日本で使われた最古のものと判明。こうして磯部温泉は温泉マーク発祥の地となりました。


で、これが足湯。

09ashi-02.JPG

09ashi-06.JPG

泉質は含銅・鉄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩強塩温泉。
鉱泉水を使用したサクサクとした食感が好評の
磯部せんべいが昔からの磯部温泉名物。

09ashi-05.JPG

日帰り温泉の「恵みの湯」には、大浴場・露天風呂があり、なかでも砂塩風呂はお肌がつるつるになると女性に大人気です。男女の大浴場、露天風呂のほかに、ミネラルをたっぷり含んだ砂塩風呂があります。

住所 安中市磯部3-3-41 恵みの湯
電話番号 027-385-1126
休館日 毎月第1・第3火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/30〜1/1)


【関連する記事】
posted by k at 08:13| 横川・妙義山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。